学長室 - 日本武道学舎ブログ

日本武道学舎 学長・吉田始史のブログです。
空手や合気道など武道の稽古で感じたことや、健康に関すること、 本の出版に関することやエッセイ、メールマガジン情報などを書いています。

丹田 7

2018-12-22 18:25

丹田と姿勢

  間違った姿勢では丹田は生かされない

 丹田を意識するためには正しい姿勢が必要です。何故なら丹田を意識するためには腹圧が必要になるからです。もちろん慣れてくると特別腹圧を意識せずとも丹田に意識を集中させることはできますがはじめのうちは腹圧が必要です。

それではどのようにすると腹圧を高めることができるのか。自分のものにすることは簡単ではありませんが、その場で実感することはすぐにできます。「うんこ我慢」の姿勢です。この姿勢は腰を反った状態とは逆の姿勢とも言えます。つまり仙骨【骨盤背中側の中心にある三角の骨】を負け犬の尻尾のように内側、恥骨側に向けるのです。この姿勢を作ろうとすると自然に猫背になってしまうので肩甲骨を腰に押し付けるように肩甲骨を押し下げます。すると自然に耳は肩に載ってきます。道元禅師の言うところの「鼻はヘソに、耳は肩に」という姿勢になるのです。

このページをシェア
<<前の記事へ
次の記事へ>>
コメント欄を読み込み中

ブログトップへ

最新記事

2019/01/13 21:03
2019/01/09 21:50
2019/01/09 1:02
2019/01/05 22:24
2019/01/01 1:29
2018/12/26 23:27
2018/12/22 18:25
2018/12/17 0:12
2018/12/11 22:40
2018/12/04 23:15